So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹 あらすじ ネタバレ 結末

スポンサーリンク





ドラマ 半沢直樹 原作のネタバレ結末!!!


ドラマ半沢直樹の日曜劇場がはじまりましたね


このドラマは、原作の「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説


オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が混ざっているので
ドラマと原作には凄く違いがあるかもしれませんね


半沢直樹役は堺雅人さん


キャストには、中島裕翔さん、及川光博さん、壇蜜さん、上戸彩さんなどなど
とても豪華なメンバーが集っていますね!


半沢直樹の原作でのあらすじと結末

東京中央銀行で銀行員として活躍する半沢直樹


上司の浅野(石丸幹二)が強引に取ってきた西大阪スチールの融資焦げ付きの責任を負わされるはめに


西大阪スチールの倒産に伴う債権額は5億円


この融資は浅野が強引に取ってきたもの


しかし、浅野は裏で手を回し、半沢に責任を押し付ける!!!


半沢は、国税局の査察や銀行の人事部からの裁量臨店などの妨害を受ける


しかし、西大阪スチールの倒産で半沢と同じく被害を受けた竹下(赤井英和)と協力し


西大阪スチールの社長・東田(宇梶剛士)を追い詰めていく


西大阪スチールの倒産は


粉飾決算を交えた『計画倒産』!!!


さらに、西大阪スチールの社長・東田は


経理を誤魔化して会社の金を自分の懐に入れていた!


つまり、東京中央銀行が融資した金は、そのまま東田の懐へ入っていた!


そんな東田を追跡する半沢だが、思わぬ所に敵がいた事に気が付き


何と、責任を半沢に押し付けた浅野が東田と裏で繋がっていることが判明!


浅野は株の信用取引で多額の借金を背負ってしまい


その結果として、かつて交友のあった東田の計画に乗ることに


支店長の浅野は、人脈を駆使して半沢を出向させようと画策する。。。


だが!しかし!BUT!!!


間一髪で浅野の不正融資の証拠を掴む半沢


その後、東田の女である未樹(壇蜜)を通じて東田の金の隠し場所も突き止める事に成功


そうして、半沢は西大阪スチールへの5億円の融資をきっちり回収し


さらに融資課長から営業第二部次長へと栄転!!!



堺雅人さんはバブル期に大手銀行に入行した型破りの銀行マン
半沢直樹を


半沢の妻を女優の上戸彩さんが演じるそうです


堺さんと上戸さんの共演は03年に放送した連続ドラマ


「ひと夏のパパへ」(TBS系)以来10年ぶりだそうですね♪


ドラマは、銀行に入ったら一生安泰と言われていたバブル期に東京中央銀行に入行した

半沢直樹が、銀行の内外に現れる“敵”と戦い


組織と格闘していく様子を描いているみたいです



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。