So-net無料ブログ作成
検索選択

山崎豊子 死去 半沢直樹

スポンサーリンク





こんばんわ!


「白い巨塔」や「大地の子」や「半沢直樹」などの作品で知られる


作家の山崎豊子さんが29日、死去


88歳だったそうです


数々の作品がドラマ化し、私たちに衝撃を与えてくれる作品を作り上げてきた山崎豊子さん


山崎豊子さんは、大阪府大阪市中央区出身


京都女子大学国文学科を卒業し


卒業後には、毎日新聞社に入社


作家になる前は、そこで新聞記者をやってたそうです


いわゆるしたずみ時代というやつですかね?


っと本題へ


記者の仕事をしつつ小説を書きはじめられたそうで


親子二代の商人を主人公とした『暖簾』を刊行して作家デビュー


初期の作品は船場など大阪の風俗に密着した小説が多かったみたいです


そして、1963年より連載された『白い巨塔』は大学病院の現実を描いた鋭い社会性で話題を呼びました


この『白い巨塔』は知っている人も多いでしょうね


田宮二郎さん主演で映画化されたほか、数回に亘りテレビドラマ化!!!


他にも、神戸銀行(現在の三井住友銀行)をモデルとした経済小説、『華麗なる一族』


これも、佐分利信さんの主演で映画化され、さらに2度にわたってテレビドラマ化!


その後も、『不毛地帯』、『二つの祖国』、『大地の子』の戦争3部作、日本航空の腐敗や航空機事故を扱った、『沈まぬ太陽』を発表しました


しかし、山崎豊子さんには盗作疑惑も何回かあったみたいです


参考とした資料をほとんど脚色せず作品に反映させたため、盗作と何度も指摘されることが多々


よって盗作問題については、「資料の引用」とするか、「盗作」と取るか意見が分かれました


いい作品を書いていく際に、こんな出来事があったんですね


今年流行ったドラマ『半沢直樹』も「彼女が作ったのではないか?」と言われたりもするほど




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。